奥会津と還暦祝いや結婚祝いについて

福島について

福島県(ふくしまけん)は、東北地方南部(南東北)にある県。県庁所在地は福島市。 太平洋に面し、奥羽山脈の東西にまたがって存在します。 県名の福島は、福島城からとられました。

 

地形・気候・交通・歴史などの面から、太平洋と阿武隈高地にはさまれた「浜通り」、 阿武隈高地と奥羽山脈にはさまれた「中通り」、奥羽山脈と越後山脈にはさまれた日本海側の「会津」の3地域に分けられます。 県の広域行政単位は、これらを更に細分しています。方言単位は、上記3区分の他に、3区分横断的な南北分類もされます。 人口の大きな自治体は、人口順にいわき市、郡山市、福島市となっているが、3市とも30万人前後。 商業統計では郡山市・福島市・いわき市の順、都市圏人口では郡山都市圏、福島都市圏、いわき都市圏の順。 3市はそれぞれの分野に特化し、行政機能が集中する福島市、経済・交通の中枢で商業・内陸工業・流通都市となっている郡山市、 広大な面積を持ち工業・観光に特化するいわき市となっています。また、会津地方の中心都市で史跡旧跡が多く存在します。 歴史都市会津若松市も上記3都市に比べ小規模ながら重要な地点となっています。

福島の地理

東北地方の南部に位置し、面積は13,782.75km2で、北海道、岩手県に次ぐ全国第3位です。 県都福島市は、東京から約260km、JR東北新幹線で約100分の位置にあります。 東部の阿武隈高地、中央部を南北に縦断する奥羽山脈、北部から西部に連なる飯豊連峰・越後山脈の山岳地帯と、 それらにより区切られ県中央部を南から北へ流れる阿武隈川の地溝帯に連なる盆地群から構成される中通り地方、 県東部浜通り地方の沿岸平野部、西部の会津盆地を中心とした会津の3地域に大別されます。 東部の阿武隈川と太平洋に区切られる阿武隈高地は標高400〜1,000mで八溝山地に続く比較的なだらかな山地が連なる 北部から西部にかけての山岳地帯は日本有数の豪雪地帯として知られ日本海へ注ぐ阿賀川の流域となり多くの 大型水力発電所が設けられた日本を代表する電源地帯となっています。またその流域は磐梯朝日国立公園、 尾瀬国立公園、日光国立公園、越後三山只見国定公園に指定された自然の宝庫であり吾妻山・安達太良山・ 磐梯山などの諸活火山をはじめ磐梯高原・会津高原・尾瀬などの山岳観光地があります。 会津地方の北西部、三国岳から飯豊山に、ひげのように細長く延びている県域があります。 これは福島県側の地域住民の信仰上の理由で、ご神体となる飯豊山への参道を確保したため。 福島県と群馬県は隣接しており、県境に会津沼田街道が存在しますが、中間にある尾瀬の環境保護の面から自動車道の 建設が中止されたため、日本で唯一自動車で直接行き来できない都道府県境です。

福島の気候

浜通り地方

太平洋沿岸部は暖流(黒潮)の影響により夏は涼しく、冬は暖かい顕著な海洋性気候。 夏から秋にかけて台風の影響を受けやすいので注意が必要です。 特にいわき市の小名浜周辺は東北で最も温暖な地域で、降雪も東北では最も少ない県です。

 

阿武隈高地

標高が高い内陸性気候で、日照時間も多いために放射冷却が効きやすく、 氷点下10度を下回ることも少なくないほど冬の寒さが厳しいのですが、太平洋側気候のために積雪は少なくなっています。 夏季は冷害を受けることも多く冷涼です。

 

中通り地方

基本的に太平洋側気候ですが、阿武隈川流域の西側は冬型の気圧配置が強まると日本海側気候の影響を受け降雪することが多く、 福島市の一部などが豪雪地帯に指定されています。降水量は1,100mm-1,400mmと東北地方の中では少ないほう。 全般に北へ行くほど標高が低くなりますので、夏季、冬季ともに温暖になります。したがって、年間を通じて福島盆地が最も気温が高く、 桜前線もその標高差により北部の福島盆地より始まり、郡山盆地、白河盆地と南下して行きます。夏の最高気温も最高気温の 高い順に福島市、郡山市、白河市。福島盆地は夏は酷暑となることが多く、冬は中通り地方の中でも最も降雪の多い 地域でありますが、曇りの日が多いうえに、標高も最も低いため朝晩の冷え込みは最も弱いようです。

 

会津地方

日本海側気候となり雪の多い地域となっており、全域が豪雪地帯に属します。また、寒さも厳しく、標高の高い地域は 零下20度以下にまで下がることもあり亜寒帯湿潤気候に属します。会津盆地は東北地方の太平洋沿岸、 内陸部に冷害をもたらすやませの影響を受けることも少なく、フェーン現象により高温となることがあります。 只見川流域は日本屈指の豪雪地帯として知られ、その雪解け水を利用した水力発電が盛んです。